常陽銀行の注目すべきサービスとその内容

CONTENTS
常陽銀行の注目すべきサービスとその内容

常陽銀行の定期預金を使いこなす

アベノミクスから始まるデフレ脱却の経済政策が始まって、間もなく2年を迎えようとしています。デフレからインフレに日本経済を変化させるため、安倍政権では様々な経済政策を実施してきましたが、数値目標を掲げてインフレを推進する経済政策は、世界中の国々から注目を集めています。

インフレを積極的に引き起こすということは、一般的には金利を上昇させることを意味します。金利の上昇は銀行が取り扱う各種商品にも重大な影響を及ぼしますが、常陽銀行の定期預金については、まだまだアベノミクスの影響が及んでいない現状となっています。金利が上昇すればもちろん定期預金の金利もアップするものですが、常陽銀行をはじめとして、様々な銀行の定期預金の金利にはまだまだ影響が及んでいない状況です。

実際、常陽銀行の定期預金金利は、他の金融機関と比べても「スーパー定期」「スーパー定期300」などの金利においては、突出した長所があるわけでもありませんし、かといって短所となるほどの低金利でもありません。インターネット専業銀行の金利にはかないませんが、他の地方銀行とは十分に太刀打ちできる商品となっています。

あと、常陽銀行の定期預金は、インターネットバンキングサービスから新規契約、契約内容の変更などができるようになっています。家に居ながら定期預金を契約できるというのは、日本広しと言えども、常陽銀行のインターネットバンキングサービスぐらいなものです。金利は望むべくもないまでも、利用しやすい商品となっているのが、常陽銀行の定期預金の特徴とも言えます。